軽自動車のお得な乗り方│車検の上手な使いかた

赤い車

個性的な車

ハンドル

最近奇抜なデザインの車をよく見かけます。その車はアニメのキャラクターが大きくプリントされており、街中などで見かけるとそのインパクトの大きさに思わず足を止めてしまいます。痛車と呼ばれるその車は、車のオーナーが好きなアニメのキャラクターやロゴなどを塗装などのカスタマイズをする事で「見ていて痛々しい車」から痛車というネーミングになったようです。他に無いオンリーワンの車を造ることによって愛車への愛着が深くなるのでしょう。外装もとても奇抜な痛車ですが、そのカスタム具合もオーナーによって様々です。内装までアニメグッズで埋め尽くされ、それはとても賑やかで楽しそうに見えてきます。車種も車のみではなく自転車やバイクなどの車種でも思い思いのカスタムがほどこされています。痛車コンテストも各所で模様されており、様々な痛車が揃い集まるその光景は圧巻そのものです。痛車のルーツを考えてみると、デコトラもそのひとつなのかもしれません。運送業の方にとってトラックは相棒でもあるし愛しい存在でしょう。痛車のカスタム費用もそれぞれですが、基本的には外装のステッカー加工などがメインになり、レーシング仕様のようなエンジン周りのカスタムはしないので、費用もリーズナブルに済むそうです。そのような金額的なお手軽さや、アニメやキャラクターそして車に対する愛着から、今後もますます個性的な痛車が増えることでしょう。このような車にまた別のカルチャーが付随することによって車に関するコミュニティーがもっともっと広がっていきそうですね。